会社は「自分で作る」「専門家に任せる」どちらが得ですか?

こんにちは!
京都市にある「木村研一 税理士事務所」です。
HPをご覧くださり、ありがとうございます。


当事務所では、ご依頼者様の実現したいビジョンや
叶えたい起業/開業スタイルを細かくお伺いし
より具体的なアドバイスができるように心掛けております。


「会社を自分で作ることは可能でしょうか?」
というご質問は数多くいただきますが、その答えは「可能」です。
基本的には、それほど難しいことではありません。


しかし、自分で会社をつくった場合
のちにいろいろな問題が生じることがあります。
したがって、時間が許せるのであれば
専門家に相談してみることをオススメしています。


ここで「相談相手」とは誰でしょう。
会社をつくるときには司法書士、行政書士
大きな会社ですと弁護士に相談することが一般的ですが
コンパクトな会社をつくる場合には、「税理士」に相談するのが一番です。


その理由は、日本の専門家のなかで
小さな会社の経営実務全般を把握しているのは
「税理士」だからです。


税理士は、起業家支援をしているところがたくさんあります。
また、難しい専門事項を優しく説明するプロですので
基礎知識を持たずに相談しても、深い領域でも分かりやすく対応できます。


一人で抱え込むことなく、お気軽に当事務所を頼りにしてください。
当事務所が携わってきた知識やノウハウなども余すことなく提供いたします。


お問い合わせはこちらから

2022.08.19